■密度の高い配布と経験上のデータから配布・・・

チラシの反響はどのお宅から出るか分かりません。ポスティングを行う際、配布密度を高めることが、反響を上げるのに有効です。ポスティングを行う際、地形的に難しいエリアがあります。そういったエリアにおいても密度の高い配布をするよう努力しております。
また、過去の実例に基づいたデータ、地域特性による反響の違いなど、長年の配布による経験の蓄積から、ポスティング効果が最も発揮するご提案をいたします。

■アスクが考えていること・・・

アスクでは、常に反響を考えポスティングしています。
『広告費を無駄なく使いたい!』というお客様の立場から、
チラシの反響を考えることは大切なことです。
ポスティングにおいては「隅々」と「丁寧」を全うすることは
大変難しいです。地域特性を熟知し、配布員に的確な指示を出し、
また日々刻々と変化する地域の状況にも素早い対応が求められます。
弊社では以下のようにポスティング業務を行っております。

■配布スタッフ毎の反響集計と『地域固定型』を配布を採用・・・

配布スタッフは、実際にポスティング地域で暮らし・生活している方々です。移動型ポスティングとは違い、その地域を熟知していますので、精密に、また住民ともコミュニケーションを図りポスティングします。また基本理念にあるように、アスクは「地元を愛し、地域に貢献する」という気概をもって配布しています。

■配布スタッフのGPS軌跡と目視による配布確認・・・

実際にポスティングを行うのは配布スタッフです。ポスティングにおいて確かな反響を出すためには、配布スタッフとの連携・管理が最も重要だと考えております。弊社は配布スタッフの管理について以下のことを実践しております。配布スタッフからポスティングの完了報告を受けた後、配布員が携帯するGPSの軌跡を毎週確認します。また、抜き打ちで弊社社員が現地へ赴き、配布の状況を目視にて確認します。異状がある場合には速やかに注意・教育をします。

link